主婦のおまとめローン

主婦が家計のやりくりなどで複数のローン会社からキャッシングをしていることがあります。
このように複数のキャッシングがあると毎月の返済日がバラバラでその管理がつらくなったり毎月の返済額が負担になったりします。
そのような主婦の返済を楽にするために、おまとめローン(借り換えローン)があります。
おまとめローンを利用することにより次のようなメリットがあります。

  • 一般的に毎月の返済額が少なくなるので返済の心理的負担が軽減
  • 毎月の返済日が一日だけになるので返済管理が楽になる
  • 低金利でまとめると返済期間と返済総額を少なくすることも可能

収入のある主婦 

アルバイトやパート勤務などで収入のある主婦であれば、一般的に銀行カードローンや消費者金融で、おまとめローンを利用することができます。
しかし消費者金融のカードローンでは他社を含めた総借入額が「年収の3分の1まで」という制約があります。
一方、このような制約がない銀行カードローンであれば収入証明書の提示がなくても100万円〜200程度まではまとめられるところがあります。

 

消費者金融を利用する場合では専業主婦も借り入れができる配偶者貸付制度が設けられています。
この配偶者貸付制度では夫の収入証明書や同意書が必要であり、「年収の3分の1まで」という制約が夫婦二人の借り入れに関係してきます。
したがって、おまとめの限度額が夫の年収によって決まってきます。
一方、銀行カードローンは専業主婦であっても夫に収入がある限り夫の収入証明書や同意書なしで、おまとめローンの申し込みができるのが一般的です。 

おまとめローン以外の方法

複数のカードローンを利用していると利息負担が重く返済が苦しいのが実情でしょう。
利息負担を軽くする方法は今より低利のおまとめローンで借り換えるか、早く返済するかのいずれかの方法を採るしかありません。
早く返済する方法では毎月の負担が増加してしまいます。
そこで返済を楽にするために、おまとめローン以外の方法として任意整理を検討してみます。
任意整理は複数のローン会社との個別交渉によって、利息をカットしてもらったり返済を延ばしてもらったりする方法です。
このような返済条件の変更は信用情報機関に一定期間において登録されます。
そのため将来のローン契約などに悪影響があることもあります。
しかし、任意整理によって長期の分割返済が認められることもあり、毎月の返済負担が大幅に減少することもあります。
ただ任意整理は自己破産とは違って返済自体を免除する手続きではないため、利用者はある程度の収入があることが必要です。
なので、主婦はまずはおまとめや借り換えを検討しましょう。

関連サイト

主婦のキャッシング審査通過方法
■http://www.ssehvusa.org/
カードローン会社で借入するには審査に通る必要があります。
審査落ちを防ぐための対処法を申し込み前にしっかりと確認しておきましょう。